【桜花賞】アドマイヤミヤビ騎乗のミルコ 競馬界の女神の直撃に「とても賢い馬」

2017年04月07日 21時31分

M・デムーロ(左)とガッツポーズを決める稲富

【桜花賞(日曜=9日、阪神芝外1600メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。4月に入ってようやく暖かくなってきました。私の懐も温かくなれー! おっと、独り言が出ちゃって、すみません。今年もいろいろな意味で、稲富の春は寂しい感じですが…。いよいよクラシックが開幕するわけですから、いつまでもしみったれてちゃまずいぞ。桜花賞の取材、気合を入れ直して頑張りました! まずは無敗の女王ソウルスターリング。ルメール騎手の話を耳をダンボにして聞いてきやした。

 

「前走(チューリップ賞)はとてもリラックスしていて、直線でもいい脚を使ってくれて、本当に楽に勝てました。もともと頭のいい馬でしたが、さらに大人になったと思います。去年はまだチャカチャカとテンションが高かったけど、この前はパドックやスタート前も静かでしたから。強み? たくさんあります。スタートがいいし、スピードがあるし、直線でもいい瞬発力を見せられる。ゴールまでペースを維持することができるので乗っていて心強い。心配な点は何もありません」

 

 さすがは女王…。その強さの秘訣を「4月の改編期」にいろいろとビクビクしていた私に教えてください!“桜咲く結果”になりそうな予感!? ただ、1週前にカラクレナイの追い切りに騎乗するため、栗東へ来ていた田辺騎手のある話が印象に残ってまして…。

 

「ソウルスターリングも強いんだけど、アドマイヤミヤビも相当強いですよ。(皐月賞で)期待しているアウトライアーズで一緒に競馬をした時(百日草特別3着)に、“男馬を負かすんだから強いなぁ”って素直に思いました」

 

 田辺騎手が一目置くアドマイヤミヤビ、これは要チェックですな。今回新たにコンビを組むM・デムーロ騎手はどんな印象を持っていますか?

 

「何度か一緒に走ったことはありますが、僕が乗った馬(クライムメジャー)が新馬を勝った時の2着がアドマイヤミヤビで。その時からとってもいい馬だと思ってました。1週前に乗った感触はすごく良かったし、とても賢い馬です。そんなにテンションが高くないし、自分の仕事を分かっている。まだレースのイメージは出来上がってはいないけど、最後はいい脚を使うので頑張りたい」

 

 ん~、すてきな印象をお持ちです! 実は私も東スポWebでミヤビちゃんを前にして取材をさせていただいたので、デムーロ騎手の言う“賢さ”がよ~く分かるし、皆さんにも伝わるはず! 今週も東スポWebをぜひ!(また宣伝かい)。

 

 最後にこの人を忘れてはいけません。リスグラシューの武豊騎手です。「前走のチューリップ賞(3着)で久しぶりに乗せていただきましたが、改めて“いい馬だなぁ”と思いましたね。桜花賞に向けて上積みがあれば“チャンスはあるな”という内容でした。体は小さいのに、すごくいい脚力を感じる」

 

 女王ソウルスターリングには阪神JF・2着に続き連敗中ですが…。

 

「逆転するのは大変だとは思いますが、可能性はあると思っています。2歳の秋に乗せていただいた時(アルテミスS=1着)に大きな可能性を感じた馬なので、一緒に桜花賞に出られるのはすごくうれしい。チャンスがあると思って乗って、いいレースをしたいですね」

 

 あぁぁあ、聞けば聞くほど迷ってしまう。「1強」なのか、そうでないのか…。女の子は気分屋さんですが、私も迷ってる場合ではありません。ここは同じ女子としてビシッと当てさせていただきます!

 

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。