【ダービー卿CT】マイネルアウラート 追走併入「極端に上がりの速い競馬にならなければ」

2017年03月29日 20時04分

【ダービー卿チャレンジトロフィー(土曜=4月1日、中山芝外1600メートル)注目馬29日最終追い切り:美浦】マイネルアウラート(写真右)は南ウッドで同厩の3歳未勝利を2馬身追走。道中はやや行きたがるそぶりを見せたものの、ペースアップしてからはスムーズ。最後は余力十分に併入した(5ハロン69・0―38・9―12・4秒)。

 

 高橋裕調教師「(5ハロンから)70―40秒の予定だったから、大体その通り。手応えは楽だったし、順調。ハンデはサービスで56キロと思ったけど、そう甘くないね。ただ57キロも想定内。前に行けるタイプだから中山は合うし、前走(東京新聞杯=4着)のように極端に上がりの速い競馬にならなければ」