アンカツ 大阪杯展望ライブで「乗るならキタサンかな」

2017年03月28日 16時30分

バースデーケーキを渡され笑顔の安藤氏(右)と柴山騎手

 本紙「GIはアンカツに聞け!!」を連載中の元ジョッキー・安藤勝己氏が27日、東京・新宿ロフトプラスワンで行われたイベント「競馬ラボ presents 大阪杯・直前展望ライヴ ~アンカツ生誕祭~」に出演した。

 

 安藤氏は大スポ本紙・松浪大樹記者や競馬評論家の水上学氏、競馬ライターの樋野竜司氏と一緒に、ドバイ国際諸競走や高松宮記念の回顧、今年からGIに昇格した大阪杯(日曜=4月2日、阪神芝内2000メートル)についてなど熱い競馬トークを披露した。来場者からの「アンカツさんは大阪杯でどの馬に乗りたいですか?」という質問には「キタサンかな。ただ勝っても『まつり』は歌わないよ」と回答し、会場の笑いを誘った。

 

 そして、28日が安藤氏の57歳の誕生日ということで、イベントの後半ではバースデーパーティーを開催。ここでスペシャルゲスト・JRA所属の柴山雄一騎手がバースデーケーキを持って登場すると、会場は大盛り上がり。女性客からもプレゼントを手渡され、安藤氏は笑顔を見せた。2人は笠松競馬で数年間、一緒に乗っていた縁もあり、安藤氏が柴山騎手に中央入りを勧めたエピソードなどを語った。安藤氏は後輩の柴山騎手に「馬にいかに楽しく乗るかが大事。これからも頑張ってほしい」とエールを送った。

 

 同イベントの最後には安藤氏、柴山騎手の直筆サイン入りグッズなどが当たるプレゼント抽選会も実施され、会場に集まった100人以上の観客は大満足の様子だった。