【ドバイワールドカップ】日本馬4頭の最高はアウォーディーの5着 世界最強馬アロゲートが優勝

2017年03月26日 02時07分

ドバイワールドカップで圧勝したアロゲート(ロイター)

【UAE・ドバイ25日発】「ドバイワールドカップデー諸競走」の第9レースとして行われたJRA海外GI発売対象レース「第22回ドバイワールドカップ」(メイダン競馬場ダート2000メートル=日本時間同25時45分発走、14頭立て)は、断然の1番人気に支持された世界ランキング1位タイのアロゲートが出遅れて最後方からのスタートながらも直線で並ぶ間もなく差し切って優勝。賞金約6億7000万円を獲得し、GIの連勝記録を「4」に伸ばした。勝ち時計は2分02秒15(重)。

 4頭参戦した日本勢は、武豊騎乗の2番人気アウォーディーの5着が最高。ムーア騎乗の7番人気ラニは8着、ルメール騎乗の5番人気アポロケンタッキーは9着、モレイラ騎乗の4番人気ゴールドドリームは最下位の14着に終わった。

 2着には3番人気ガンランナー、3着には12番人気ネオリシックが入った。

 武豊の話「上には上がいる。悔しいですけど、この馬の走りはできた。慣れない環境の中でよく頑張ってくれた」