【阪神大賞典】タマモベストプレイ ウッドでしっかり追われる「これでちょうどよくなる」

2017年03月16日 20時30分

【阪神大賞典(日曜=19日、阪神芝内3000メートル=1着馬に4・30天皇賞・春優先出走権)注目馬16日最終追い切り:栗東】万葉Sを勝ってここに臨むのはタマモベストプレイ。陣営もデキの良さを実感している様子だ。

 

 この日はウッドで併走。直線他厩舎の馬2頭が合流し4頭併せの形になったが、直線しっかり追われた。

 

 南井調教師「久々だし、ちょっと余裕もあるのでトラックでやった。これでちょうどよくなると思う」