【阪神大賞典】サトノダイヤモンド「有馬記念からさらに成長している」

2017年03月13日 21時04分

【阪神大賞典(日曜=19日、阪神芝内3000メートル=1着馬に4・30天皇賞・春優先出走権)注目馬最新情報:栗東】昨年の菊花賞&有馬記念覇者サトノダイヤモンドの1週前追い切りはウッドで6ハロン81・7―38・5―11・6秒の猛時計を叩き出し、トーセンレーヴ(古馬オープン)、サトノケンシロウ(古馬1600万下)に5馬身先着した。

 騎乗した岩崎助手「伸びが違いましたね。以前より走りが力強くなっています。有馬記念からさらに成長していますよ」

 池江調教師「予定通りしっかりと負荷をかけられた。帰厩時に530キロあった体も徐々に絞れてきている。これで当週やればちょうど良くなる」