【オーシャンS】メラグラーナ 短距離界の新星となるか

2017年03月03日 20時00分

メラグラーナは調教でも抜群の動きを見せている

【オーシャンS(土曜=4日、中山芝外1200メートル=1着馬に3・26高松宮記念優先出走権)栗東トレセン発秘話】先週金曜に放牧に出たばかりのレッツゴードンキが今週水曜、早くも栗東トレセンに帰厩した。

 

 当初はGII阪神牝馬S(4月8日=阪神芝外1600メートル)に合わせてトレセンに戻ってくる予定だったのだが、このプラン変更の理由は単純明快。GI高松宮記念(26日=中京芝1200メートル)に“繰り上げ出走”する線が濃厚になったからだ。その背景にはビッグアーサー、ダンスディレクターなど、ここにきての出走予定有力馬の相次ぐ戦線離脱がある。

 

「今年はメンバーが手薄になりそうだからね。高松宮記念出走の可能性? 大いにあると言っていい。相手が揃っていた去年(0秒7差8着)だって、直線でアルビアーノ(3着)に前をカットされる不利がなければ…って競馬だったからね。完全にブレーキをかけていたし、レース後に木村調教師が謝りにきたぐらい。あの不利がなければ、上位争いできていたと思う」(梅田調教師)

 

 例年になく小粒になると噂されている今年の高松宮記念。こうした情報が飛び交うことで、かえってこのレッツゴードンキのような力を持った馬が参入し結果、盛り上がることを期待してやまない。

 

 もちろん、今週のGIIIオーシャンSからも、イキのいい馬が本番に出てきてほしいもの。その筆頭候補はメラグラーナだろう。

 

「ウチのはまだオープン特別(ラピスラズリS)を勝っただけですし、ここまで人気を集めるのはどうかと思いますけどね」とけん制してきた池添学調教師だが、その一方で「中2週でまた競馬(高松宮記念)があることを考えて馬をつくってきました。右回りでは直線で少しモタれる面があるし、個人的には今でも広いコースの左回りが一番合うと思っていますから」とも。

 

 このメラグラーナがオーシャンSを快勝して、高松宮記念に出てくれば「新星」としてGIを盛り上げてくれることになるはずだ。