【JRA賞授賞式】武豊 キタサンブラック北島オーナーに凱旋門賞挑戦アピール「シャンティイの芝適性ある」

2017年01月31日 11時30分

チーム・キタサンブラックで乾杯!左から清水久調教師、北島オーナー、武豊騎手

 2016年度のJRA賞授賞式が30日、東京都港区の「ザ・プリンス パークタワー東京」で開催された。

 受賞馬の関係者、報道陣など約500人が出席。壇上では昨年の「年度代表馬」および「最優秀4歳以上牡馬」に輝いたキタサンブラック(清水久)の北島三郎オーナーが“主役”を務めた。

 上半期はドバイ遠征を見送り、大阪杯(4月2日=阪神芝内2000メートル)→天皇賞・春(4月30日=京都芝外3200メートル)→宝塚記念(6月25日=阪神芝内2200メートル)の国内GⅠ・3戦に専念することを発表済み。サブちゃんは「最近は私よりもキタサンブラックの方が人気があるから(笑い)。大勢のファンの期待に応えたい気持ちもあるが、自分の子供を遠くて知らないところにやるのは寂しい気持ちも…。夏以降のことは考えるのはよそう。まずは春の3レースを全力で」とあくまで国内重視を強調したが、これを受けた主戦の武豊は「海外遠征は人が馬を連れて行くというより、馬が人を連れて行ってくれるもの。ただ(フランスの)シャンティイの芝適性はあると思います(笑い)。そうなるように頑張りたいですね」と秋の凱旋門賞(10月1日=シャンティイ芝2400メートル)挑戦実現をアピールした。

 そのキタサンブラックを暮れの有馬記念で破り、「最優秀3歳牡馬」に選出されたサトノダイヤモンド(池江)の里見治オーナーは、GII阪神大賞典(3月19日=阪神芝内3000メートル)の始動から天皇賞・春へ向かうローテを表明。その上で「秋は凱旋門賞が一番の目標。宝塚記念(への出否)は状態を見て」とキタサンブラックとは対照的に、海外遠征に主眼を置いたローテを組むことを強調した。

 また「最優秀2歳牡馬」に輝いたサトノアレス(藤沢和)はGIIスプリングS(3月19日=中山芝内1800メートル)で新たに戸崎圭とコンビを組むことが発表された。