【東海S】グレンツェント「競馬が難しい馬ではないし、坂のある中京も歓迎材料」

2017年01月19日 20時31分

 【東海S(日曜=22日、中京ダート1800メートル=1着馬に2・19フェブラリーS優先出走権)注目馬19日朝の表情:美浦】グレンツェントは厩舎周りの運動とプール調整。追い切り翌日ながら落ち着いた様子でメニューをこなした。

 

 加藤征調教師「気難しい面があるので、追い切りはジョッキー(横山典)に乗ってもらった。いい感触をつかんでくれたみたいだよ。競馬が難しい馬ではないし、坂のある中京も歓迎材料」

 

 これまで芝のデビュー戦(5着)以外は馬券圏内を外しておらず、まだ底を見せない逸材。レパードSに続く重賞制覇に向け視界は良好だ。