【京成杯】ガンサリュート「まだ緩さが残っていて伸びシロはある」

2017年01月12日 20時31分

【京成杯(日曜=15日、中山芝内2000メートル)注目馬12日朝の表情:栗東】昨秋の未勝利戦勝ち以来となるガンサリュート陣営は順調な調整ぶりに目を細めた。

 

 安田調教師「放牧を挟んで太くなって戻ってきたので、長めの距離を乗るようにしてきました。負荷は十分かかったと思いますし、休む前と同じくらいの体重で出せそう。未勝利戦ではリスグラシュー(アルテミスS=1着→阪神JF=2着)、カデナ(京都2歳S=1着)の2着など、運のないところもありましたが、この馬もまだ緩さが残っていて伸びシロはある。ここは先につながる結果を」