GI・2勝馬メジャーエンブレム「競走能力喪失」で引退

2017年01月04日 16時30分

「NHKマイルC」を制したメジャーエンブレム

 2015年の最優秀2歳牝馬で、同年のGI阪神JF、16年同NHKマイルCを制したメジャーエンブレム(牝4・田村)が現役生活を引退することが分かった。4日、オーナーのサンデーレーシングがホームページで明らかにした。

 

 同馬はNHKマイルC優勝後、夏場を休養に充て秋華賞TRの紫苑Sで復帰予定だったが、放牧先のノーザンファーム天栄(福島県)で左後肢の筋肉に痛みが出たため同レースを回避。北海道のノーザンファーム空港に移動して調整が続けられたが、HPでは回復の兆しが一向に見られず、保険会社の指定獣医師によって「競走能力喪失」の診断が下されたとしている。

 

 管理する田村調教師は「自分にとっては初めてGIを勝たせてくれた馬ですからね。強く思い出に残っていますし、感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントした。