【京都金杯】東西記者徹底討論

2017年01月01日 17時02分

注目馬の筆頭エアスピネル

 2017年のJRAは1月5日に開幕。東日本では中山金杯(芝内2000メートル)、西日本では京都金杯(芝外1600メートル)の、おなじみの正月GIIIが行われる。毎週渾身予想を披露している本紙の名物企画・予想合戦の「両刀」山口、「独創」荒井、「馼王」西谷の3人が集結。正月を返上してレースの行方を占った。さあ、読者の皆さまも「金杯で乾杯」といきましょう。ここでのターゲットは京都金杯だ。

 

 山口心平(東スポ):中山金杯よりこっちのほうが2017年注目したい馬が多いな。その筆頭がエアスピネルか。

 

 西谷哲生(大スポ):首の短い体形から菊花賞は距離が長いと思っていました。それでも3着ですから地力の高さは明らかです。

 

 荒井敏彦(東スポ):クラシック3冠もレースセンスでカバーしてたって感じだよな。GⅢレベルでは抜けている可能性もある。

 

 山口:それは分かるが長距離で流れに乗る競馬を続けてきた後でいきなり1分33秒前後で走れるか? 対応するセンスはあるんだろうが高速決着は未知数だ。

 

 西谷:何とでも言ってください。17年のマイル戦線を引っ張る存在になるかもしれないんですから。

 

 山口:でもキミはガリバルディ◎だろ。

 

 西谷:先行有利の京都金杯は脚質的に不向きに映るけど、藤原英厩舎がわざわざ勝算の薄いレースに使ってくるとは思えません。「以前より力んで走る面がなくなった」とのことで今はテンから出していく競馬も可能でしょう。

 

 荒井:なるほど。

 

 山口:“馬が変わった”というのであればアストラエンブレム。馬体が徐々に充実して、好メンバー揃いの前走を快勝。17年はこの馬の飛躍に期待したい。

 

 西谷:左回りでしか勝ってないのですが…。

 

 山口:経験が少ないだけでノープロブレム。

 

 荒井:京都のグリーンベルトを存分に生かせる脚質ですからね。ゆったりしたローテも厩舎がこの血統を知り尽くしているからこそ。エア逆転があればこの馬です。ほかにも楽しみな馬は多いんですよね。馬券的には迷ってしまう。

 

 山口:オレはブラックムーンかな。キャピタルSの勝ちっぷりはなかなか強烈だった。京都も得意だし。

 

 西谷:差し一辺倒の脚質がどうかですね。先行力あるミッキージョイでどうですか? 京都マイル大得意のディープインパクト産駒です。

 

 山口:本格化の兆しを見せているし位置取りに注文がつかない自在性も武器だな。

 

 西谷:マイネルハニーの前走(チャレンジC)もなかなか強い内容ですよ。11秒台が続く息の入らない流れを3番手から押し切りですからね。直線平坦、開幕馬場でそう簡単に止まりません。

 

 山口:ブラックスピネルは富士S(7着)でガリバルディ(5着)、ブラックムーン(6着)あたりと差のない競馬をしている。前走(チャレンジC=5着)は重め残りでマイネルハニーと0秒1差だから見直せる。