【チャンピオンズC】ラニ内田博「中京替わりは何より。体全体からのパワー感じる」

2016年11月30日 21時31分

内田博を背にした1週前追いでパワフルな動きを披露したラニ

【チャンピオンズカップ(日曜=12月4日、中京ダート1800メートル)聞かせて!核心】日本調教馬としては史上初となる米クラシック3冠オール出走を果たしたラニだが、“凱旋帰国”後は期待に見合った走りを披露できていない。ポテンシャルの高さでは3歳上の兄でもあるアウォーディーにも見劣らないはずだが…。大一番での素質完全開花のシーンはないか。パートナーの内田博幸騎手(46)を直撃した。

 

 ――前走のみやこS(13着)を振り返って

 

 内田博:傾いて走っているような感じ。久しぶりの右回りを気にしたのか、調教と勘違いしたのか、全然進んで行かなかった。

 

 ――1週前追い切り(ダート6ハロン78・7―11・4秒)にまたがった感触は

 

 内田博:稽古で乗るのは初めてだったけど、改めて体全体からのパワーが伝わってきた。「馬場に入ってから1~2周は変なところを出す」と聞いていたけど、特にそういったこともなかったね(通常は馬場入り1周目に追い切るケースが大半だが、ラニはゆっくりと2周し、3周目に追い切られる)。(松永幹)調教師からは「しまいをしっかりと伸ばしてくれ」という指示。直線で仕掛けてからはすごい伸びを見せてくれた。

 

 ――かなりヤンチャな馬に見えるが

 

 内田博:芦毛は気性が難しく出ることもあるけどね。ラニの場合は気難しいというよりも、頭が良過ぎると言った方がいいのかな。

 

 ――大一番へ向けて

 

 内田博:1週前の段階では、少し体に余裕があったけど、直前のひと追いでいい状態に持っていけると思う。左回りの中京コースに替わるのは何よりだし、強豪古馬相手でも、いいレースを見せたいね。