【チャンピオンズC】タガノトネール「道中いかに折り合えるかがカギ」

2016年11月28日 20時34分

【チャンピオンズカップ(日曜=12月4日、中京ダート1800メートル)注目馬最新情報:栗東】前走の武蔵野Sで、2月のフェブラリーS(モーニン)のレコード=1分34秒0を更新したタガノトネールは、中間はセーブ気味の調整で初時計は26日の坂路登坂(馬なりで4ハロン55・1―39・6―25・2―12・5秒)。

 鮫島調教師「前走のレコードVの反動なのか、当初はトモに疲れが出ていたのは確かだが、何も問題はない。道中いかに折り合えるかがカギになるけど、本来はスタミナのあるタイプ」