【ジャパンカップ】実績断然は秋天組! 外国馬は参加するだけの傾向

2016年11月22日 21時00分

【ジャパンカップ(日曜=27日、東京芝2400メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈3・3・2・2〉で複勝率80%。馬券圏外となった1頭は外国馬(2011年6着デインドリーム)、もう1頭が小差4着だった14年ジェンティルドンナとなると…。日本馬が1番人気に支持されれば、まず馬券圏内は堅いとみていい。以下、2番人気〈1・1・2・6〉、3番人気〈1・1・1・7〉。

 

 近年は“外国馬は参加するだけ”の傾向が強まっている。06年ウィジャボード(3着)以来、馬券に絡んだ外国馬は出ておらず、日本馬オンリーの検討でいいのでは。

 

 ステップ別では天皇賞・秋組が強く、6勝、2着6回、3着7回と圧倒的。今年はその秋天組がリアルスティール(2着)、ルージュバック(7着)のみ。素直にこの2頭を中心に馬券を組み立てる手か。