【ジャパンカップ】外国馬3頭は競馬学校のダートコースで調整

2016年11月21日 21時00分

【ジャパンカップ(日曜=27日、東京芝2400メートル)外国馬最新情報】外国馬3頭は20日、千葉県白井の競馬学校のダートコースで調整。ナイトフラワーはダクからキャンターで流した。騎乗したギブソン助手は「馬の体調はとてもいいです」。もう一頭のドイツ馬イキートスもほぼ同メニューで、ゲンバッラファーガソン助手は「今日は長めに1周半程度のキャンター。少しずつ強度を上げていくつもりです」。2頭は21日にゲート試験を受ける予定。

 

 昨年のJCで6着のフランス馬イラプトは意欲的な調整で時計になるハロンもあった。「体調は良くカイバもよく食べています。今日は常歩、速歩、軽めのキャンター、強めのキャンターをしました。明日も同様の調整を予定しています」とダヴィ助手。