【チャンピオンズカップ登録馬】快進撃アウォーディー 中央GI制圧なるか

2016年11月21日 11時00分

チャンピオンズC登録馬

 冬のダート頂上決戦、第17回チャンピオンズカップ(12月4日、中京ダート1800メートル)の登録馬が20日、JRAから発表された。外国馬の参戦はないが、新興勢力の台頭も目覚ましく今年も興味の尽きない一戦となりそうだ。

 最注目は武豊騎乗のアウォーディー。昨年9月にダートに転じてから土つかずの6連勝の快進撃。先のJBCクラシックでは強豪を退けて念願のGIタイトルを手にした。母は名牝ヘヴンリーロマンスという超一流の血脈で、中央GIまで一気に制圧するか。

 アウォーディーの半弟ラニも参戦。今春はUAEダービーを制した後、渡米してクラシック3冠に挑戦。日本馬を代表して奮闘した。前走のみやこSでは若さを見せて13着大敗も、大舞台で覚醒しても不思議はない。

 年内で引退するホッコータルマエは地方と中央を合わせてGI最多10勝の古豪。前走のJBCクラシックでは2着に踏ん張って健在を印象づけた。

 他にも今年のフェブラリーSの覇者モーニン、昨年2着のノンコノユメやコパノリッキーなどGIホースがズラリと顔を揃える。みやこSを勝ったアポロケンタッキー、武蔵野S優勝のタガノトネールなど多士済々で激戦は必至だ。