【ジャパンカップ・1週前追い】ゴールドアクター 2馬身先着「毛ヅヤがグンと良化し馬体にも迫力が出てきた」

2016年11月16日 19時31分

【ジャパンカップ(27日=日曜、東京芝2400メートル)注目馬16日1週前追い切り:美浦】秋初戦のオールカマーで無難に勝利を決めたゴールドアクターは南ウッドで3頭併せ。ラスト一杯に追われて2馬身先着(6ハロン79・9―64・5―50・8―37・8―12・9秒)。テンはかなり速いラップを刻んだが、最後まで脚色が衰えなかったようにさすがの持久力を見せた。昨年の有馬記念以来となるGI取りへ視界は良好だ。

 

 中川調教師「休み明けを使って毛ヅヤがグンと良化。馬体にも迫力が出てきたし、このひと追いでさらに良くなっていくはず」