【メルボルンC】馬券売り上げ健闘 6億9737万1200円

2016年11月01日 14時34分

 凱旋門賞に続くJRAの海外競馬馬券発売第2弾となったオーストラリアのGI「第156回メルボルンC」(1日、フレミントン競馬場芝3200メートル=24頭立て)の売り上げは6億9737万1200円だった。

 内訳は単勝=3926万2700円、複勝=3512万8800円、馬連=1億271万6400円、馬単=3619万8000円、ワイド=5731万7000円、3連複=2億2274万8400円、3連単=2億399万9900円。難解レースとあって、一番売れたのは3連複だった。

 凱旋門賞の約41億円には及ばなかったが、「即PAT会員」のみが対象で発売時間も短かったことを考えると、健闘といえそうだ。

 なお、優勝は激しい叩き合いを制した8番人気アルマンダン(馬番17=豪)で、勝ちタイムは3分20秒58。2着は12番人気ハートブレークシティー(馬番13=愛)、3着には1番人気ハートネル(馬番6=豪)が入った。日本から唯一参戦した今年の天皇賞・春2着馬で7番人気のカレンミロティック(馬番3)は直線で失速し、ブービーの23着に終わった。