オークス馬シンハライト 左前脚浅屈腱炎で秋華賞回避

2016年10月05日 16時22分

秋華賞を回避したオークス馬シンハライト(右)

 次週の3歳牝馬3冠最終戦・GI「秋華賞」(16日=日曜、京都芝2000メートル)で断然の主役となるはずだったオークス馬シンハライト(石坂)が左前脚浅屈腱炎で同レースを回避することになった。

 

「激戦の積み重ねということかな。残念です。どのような休養になるか分からないけど、最低1年はかかると思います」と石坂調教師。

 

 4日(火曜)朝には坂路入りし普通にキャンターを乗っていた同馬だが、その日の午後から異常(少し腫れ)が判明。今日5日は馬場入りせず、エコー検査を行い、症状が判明した。明日6日にノーザンしがらきに放牧に出される予定だ。