GI・3勝馬ニッポーテイオー死す

2016年08月17日 12時48分

1987年の天皇賞・秋を逃げ切ったニッポーテイオー

 1980年代にGIを3勝したニッポーテイオーが16日、老衰のため死んだ。33歳だった。

 

 同馬は種牡馬を引退後、北海道浦河町のうらかわ優駿ビレッジ「AERU」で余生を送っていた。

 

 先行馬に厳しいとされる天皇賞・秋を1987年に逃げ切っており、本紙連載「GI 郷原の指南」でおなじみの郷原洋行元騎手も思い出深い騎乗馬として名前を挙げている。

 

★うらかわ優駿ビレッジ「AERU」太田篤志氏のコメント=多くのファンがいる馬で、全国から会いに来てくださいました。そういう方々のためにも一日一日を大切にして、最長寿記録を更新して欲しかったのですが残念でなりません。応援してくださった方々に、この場を借りてお礼申し上げます。