【関屋記念】堅め傾向も一発がある「4番人気」

2016年08月09日 21時00分

【関屋記念(日曜=14日、新潟芝外1600メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の1番人気は〈3・3・1・3〉の連対率70%。別定戦だけに堅め傾向で、連対馬20頭中16頭は1~5番人気。一発なら4番人気で〈3・0・0・7〉。一昨年のクラレントは単勝1060円だ。

 

 実績馬が強いのは勝ち馬のデータを探ればわかる。共通項は芝8~10ハロンで重賞連対かGI3着以上があった。10頭の前走は8頭が掲示板外だから着順は無視していい。

 

 近4年の前走を見ると、中京記念が最も多く3頭(着順は14→8→8)、安田記念が2頭(同10→4)。負けた馬を重視のデータから中京記念組では秋華賞=3着のタガノエトエワール、安田記念組ではGII・2勝のロサギガンティアあたりが狙い目か。