藤田菜七子 初勝利のパートナーの首を叩いて“ありがとう”と感謝

2016年03月24日 13時00分

初勝利を挙げ、ガッツポーズで声援に応えた藤田菜七子

 JRAで16年ぶりに誕生した女性ジョッキー・藤田菜七子(18=美浦・根本康広厩舎)が24日の浦和競馬3R(ダート1400メートル)で2番人気アスキーコードに騎乗し、好スタートから逃げ切りで待望の初勝利を飾った。

 

 3月3日の川崎デビューから22日目、36戦目でつかんだ待望の初勝利。ゴール板を過ぎた直後、2着に入ったミカドウェザリアに騎乗していた“6800勝ジョッキー”的場文男(59)から馬上で手を差し出され、菜七子は祝福のハイタッチを交わした。

 

 大勢のファンから「おめでとう!」「やった!」と歓喜の声が湧き起こる。レース後には、アスキーコードに乗った菜七子が再び馬場に姿を見せ、報道陣とファンの記念撮影に応える“異例の措置”が取られた。

 

 埼玉県浦和競馬組合関係者によれば「重賞時もファンから見える馬場まで出てきて、記念撮影をすることはない。まさに異例ですね」と説明。GI勝利時に見せる馬上で手を上げるポーズを求められた菜七子は、恥ずかしそうな笑みを浮かべながら控えめに手を上げた。

 

 引き揚げる際、菜七子は何度も何度も記念すべき初勝利をもたらしてくれたパートナー、アスキーコードの首を叩いて“ありがとう”と感謝した。

 

 また、2Rでは他にも“前代未聞”の出来事があった。レース前のパドック周回を菜七子騎乗のアスキーコードはせず、そのまま馬場へ。パドックの姿を期待したファンは大慌てで馬場へダッシュ。人で膨れ上がっていたパドックはあっという間にガラガラになり、別の馬に騎乗していた騎手は「みんないなくなっちゃったよ~」と苦笑いを浮かべたほどだった。

 

 勝利を見届けた30代のファンは「初勝利でしょ! 勝ったからには明日は1面なんでしょうね!」と報道陣に詰め寄るシーンも見られた。