【朝日杯FS】イモータル&シャドウアプローチ 2頭出し須貝調教師を直撃

2015年12月15日 21時00分

イモータル

【朝日杯フューチュリティステークス(日曜=20日、阪神芝外1600メートル)聞かせて!核心】武豊(エアスピネル)の偉業(JRA・平地GI完全制覇)達成ムード一色の今年の朝日杯FSだが、他陣営も虎視眈々とタイトルを狙っている。中でも有馬記念でラストランを飾りたいゴールドシップを筆頭に、GIでの勝負強さには定評がある須貝厩舎はイモータル、シャドウアプローチの有力2騎を送り込む。果たして指揮官・須貝尚介調教師(49)の勝算はいかに!?

 

 ――イモータルは前走のサウジアラビアRCで2着惜敗

 

 須貝調教師:道中はいいポジションで流れに乗れていたけど、直線で狭い内に入ってしまったからね。詰まる感じになってなかなか前が開かなかった。最後はよく伸びていただけにもったいない内容。それでも力があるのは証明できたと思う。

 

 ――その後の調整は

 

 須貝調教師:ソエが出たので放牧に出したけど、もう完治して帰厩後の調整は順調。1週前追い切りはシャドウアプローチと併せてしっかりと負荷をかけた。直前は息を整える程度で十分だと思う。

 

 ――舞台は阪神マイルに替わる

 

 須貝調教師:(騎乗依頼した)ムーアに全2戦のVTRを見せたら「阪神のほうがいい」と言うので、このレースに決めた。あと1ハロン欲しい感じはあるけど、直線が長いので対応は可能だろう。

 

 ――シャドウアプローチは前走の京王杯2歳Sで3着

 

 須貝調教師:外へ出すのに時間がかかってしまったからね。その分の負けかな。それでも最後は脚を使ってくれたし、あの内容なら距離が延びても大丈夫と思って出走を決めた。

 

 ――中間の調整は

 

 須貝調教師:放牧でリフレッシュさせた後は、坂路でしっかりと乗り込んで力を出せる状態に仕上がっている。

 

 ――最後に抱負を

 

 須貝調教師:2頭いずれも世代上位の力があると思う。自信を持って送り出せそうなので結果が楽しみだね。