“騎乗システム”の再構築が急務

2012年09月26日 10時00分

【トレセン発秘話】先週、浜中が歴代4位タイとなるデビュー6年目での年間100勝を達成した。これはもちろん、本人の技術、努力なくしてはできない記録ではあるが、以前に比べ上位騎手にいい馬が集中しやすい時代だからこそ、これだけ早く達成できたという見方もある。

 先日、ある騎手のエージェントがこんなことを言っていた。「今のジョッキーは二極化が進み過ぎている。このままの流れが続いていくと、どこかで必ずひずみが出てくる」

 先日28歳の若さで引退した長谷川を始め、柴原、田中克…近年は若くして騎手をやめる人間が増えてきた。年間100勝を達成する騎手が増加する一方で、騎乗数が激減し、体力があるのに引退を余儀なくされる若い騎手たち…。

「今、厩舎12人態勢が始まっているだろ。スタッフで乗れる人間が足りないところは、どこもジョッキーに調教を手伝ってもらっている。そういう役割を担っている中心層が中堅以下の騎手。今のまま騎手の二極化が進んで、こうしたジョッキーが皆やめてしまっていたら日々の調教がスムーズに回らなくなる恐れがある。たとえ今は乗れる若い持ち乗り助手が多いところでも、10年、20年たってそうしたスタッフが乗れなくなった時に、同じような問題は出てくる」(前出のエージェント)

 実戦も調教も“騎乗システム”の再構築が急務だ。

(栗東の坂路野郎・高岡功)