【UMAJIN.net】「函館記念」予行演習完璧の伏兵馬で勝負!

2015年07月17日 20時00分

 

【潜入!UMAJIN.net編集部の裏側】

 

 デスク:日米でオールスターの週か。

 

 伊藤:現地時間14日にメジャーリーグのオールスターゲームがあって、今日から日本プロ野球のオールスター。

 

 デスク:こないだの夜中、メジャーのを見たんだが、あのキューバ人はすげえな!

 

 伊藤:ああ、(アロルディス)チャップマンですか。最速166キロ、3者連続空振り三振と“人類最速の男”の異名に違わぬピッチングでしたね。

 

 デスク:“ウマ界最速のウマ”って何だろうな。やっぱディープインパクトか。

 

 伊藤:またアホなことを…。

 

 デスク:ま、適当に言っただけだけどな。

 

 伊藤:こっちも最初から真面目に考えてないですけどね。まずは七夕賞(12日)の振り返りですが、これぞ正攻法という競馬でグランデッツァの快勝でした。ボクの本命レコンダイトは初の小回り福島に戸惑ったか、チグハグな競馬で12着。

 

 デスク:オレの本命メイショウナルトはグランデッツァと同じような位置にいたが、直線では伸び負けして4着まで。勝ち馬とは斤量の差か、ハンデ戦の怖さだな…。

 

 伊藤:同じ57キロでしたよ!

 

 デスク:(無視して)【WINDEX】で総合3位だったステラウインドのほうを本命にすべきだったか。8番人気ながら2着に激走する伏兵をしっかり見極めるあたりは、さすがだよな。(※【WINDEX】=究極のデータと究極の情報を融合させた独自指数)