【セレクトセール2015・2日目】総売り上げは史上最高「131億7350万円」

2015年07月15日 11時00分

1億8000万円で落札されたウィーミスフランキーの15

 国内最大のサラブレッドのセリ市「セレクトセール2015」(ノーザンホースパーク=北海道苫小牧市)は14日、2日目の当歳(0歳)馬セールを行った。初日の1歳馬セールでは過去最高の総落札額71億450万円を記録したが、2日目も7頭(うちディープインパクト産駒が4頭)のミリオンホースが誕生する盛況ぶりだった。

 今年も2日間を通して主役はディープインパクト産駒だった。2日目の当歳部門の最高価格は、1億8000万円。牝馬のウィーミスフランキーの15。“ダノン”の冠で知られる(株)ダノックスが落札した。代表の野田順弘氏は「ウチの家内(同じくオーナーの野田みづき氏)が今年のオークスをミッキークイーンで勝ったことに刺激を受けて、ディープインパクト産駒の牝馬を買った。すごくバランスがいいし、皮膚も薄くていい馬だね。競馬はロマンだから。これからが楽しみだね」と“オークス候補”に期待を込めた。

 牡馬のディープ産駒では母がチリの年度代表馬というベルワトリングの15が1億2500万円。落札したのは“トーセン”の冠で知られる島川隆哉氏。トップバイヤーらしく直感で購入を決断した。「正直に言うと、下見では馬を見ていないんだ。セリ名簿の血統表だけで決めた。競り落としてから初めて目にしたけどいい馬だね。走ってほしいね」とインスピレーションでの購入ながら上機嫌だった。なお、島川氏はやはり1億円超え(1億5500万円=父キングカメハメハ)となったギーニョの15(牡)も落札した。

 今年の当歳が初年度となるオルフェーヴル産駒も注目された。この日のセールのトップバッターとして上場されたカリフォルニアネクターの15(牡)には、いきなり8000万円の値がついた。購入した(株)ダノックス代表の前出・野田氏は「馬の形、血統ともに、とてもいい。上のダノンアイリス(半姉=未出走)を持っていたこともあるしね。値段に見合う走りを期待したい」。

 このまま“ご祝儀相場”的にディープ軍団を脅かすかというムードが生まれたが…。王者の牙城を脅かすレベルまではいかず、結局1億円超えはなし。最高価格はリュシオルの15(牡)の8600万円(近藤利一氏が落札)。ディープインパクト超えは来年に持ち越された。

 なお、セール2日目の落札額は昨年より5億円弱落ち込んだが、2日間の総売り上げは131億7350万円で、昨年の125億7505万円を上回る史上最高を記録した。主催者の日本競走馬協会・吉田照哉会長代行(社台ファーム代表)は「(不安定な)経済状況を心配したけど、全体としていい馬が高く売れた。新規馬主や外国人バイヤーの購買意欲も高く、日本のセリもインターナショナルになったと実感してもらえたのではないか」と今年のセールを総括した。