【競馬JAPAN】打倒ゴールドシップの期待は牝馬勢だ

2015年06月23日 08時00分

 

 上半期を締めくくる宝塚記念は、ゴールドシップの3連覇なるかに注目が集まっている。

 

「苦手と言われていた京都を克服し(天皇賞・春1着)、もはや怖いものなし。京都に比べ、阪神は7戦6勝。宝塚記念2連覇以外にも、阪神大賞典3連覇に神戸新聞杯勝ちがあり、負けたのは2歳時のラジオNIKKEI杯2歳Sの2着のみ。梅雨時で雨も多く、宝塚記念は良馬場になってもパンパンの高速馬場は考えられない。ゴールドシップ3連覇の舞台はできあがっている」(関西記者)

 

 このようにゴールドシップ断然の声が多いものの、中にはこんな不安を挙げる関係者も。

 

「京都で勝ったことで、逆に不安が出てきた。そもそも得意な中山で相手も弱かったアメリカJCCでは簡単に負けている。この時は有馬記念以上に状態がいいって言われていたんだよ。そして不安視された京都の馬場での勝利。

 

 ここまで成績が安定していなかったのは馬場の影響を挙げている人が多かったが、実は気性的な問題のほうが大きかったのでは。そうなると、アメリカJCCのようなことが起きても不思議ではない」(雑誌記者)

 

 ゴールドシップには、これまでさんざん悩まされてきたことを思い返すと、単純に「堅い」というには怖すぎる。

 

 ただ、ゴールドシップ打倒となると、これが難しい。これまでライバルと目されてきた馬はほとんどが引退し、最強の相手となるはずだったエピファネイアも故障してしまった。実績をあげている牡馬もいるが、ダービー馬ワンアンドオンリーは海外帰りで、国内での近走成績からは微妙。菊花賞馬トーホウジャッカルも復帰が遅れたように順調さを欠いている。

 

 どこか物足りない牡馬勢に対し、評判が高いのが牝馬勢だ。

 

「エピファネイアこそ回避となってしまったが、それでも角居厩舎は3頭出し。どれも有力な上に、全てが牝馬というのが角居厩舎らしい」

 

 とは関西の記者。中でも有力はどの馬なのか。

 

「やはり勢いでラキシスだね。昨秋のエリザベス女王杯で初めてGⅠを勝ったが、その後は更に力を上げている。有馬記念は勝ちに行っての6着で、勝ち馬からコンマ2秒差なら大健闘。直線半ばでは馬券圏内に残りそうな雰囲気もあったからね。そして記憶に新しい大阪杯。ダービー馬キズナが迫ってくると、そこから再度突き放しての勝利。まさに牡馬勝りの内容だった。ディープインパクト産駒にしては凄く切れるタイプというわけではなく、内回りの2200mも、少しパワーの要る馬場も合う。豪華メンバーの有馬記念で好勝負したのだから、今回の宝塚記念の相手なら勝ち負けしていいはず」(栗東関係者)

 

 美浦からは、やはり牝馬のヌーヴォレコルトの名が上がって来た。

 

「ヴィクトリアマイルは断然人気を裏切り、大波乱決着の要因をつくってしまいましたが、やっぱりスピード競馬は合わないですね。1800mの重賞を2勝していますが、この馬はオークスやエリザベス女王杯のように、距離は2200~2400mくらいが一番いい。だから2200mの宝塚記念のような舞台は合っていると思います。中山記念でロゴタイプやイスラボニータのGⅠ牡馬を破っているように、力は牡馬相手でも足りるはず。瞬発力勝負になりそうにない今の阪神なら、十分勝つチャンスはあります」(関東記者)

 

 昨年もヴィルシーナが8番人気ながら3着に入線したように、牝馬でも十分勝ち負けになる宝塚記念。

 

 ゴールドシップ1強を崩すなら、牡馬より牝馬のほうが可能性は高いようだ。

 

さあ!宝塚記 念:大西直宏の『結論』100万円を狙う穴1点馬券

【競馬JAPAN】