【競馬JAPAN】芝1800mGI待望論

2015年06月12日 13時33分

 

 府中・GⅠシリーズの最後の締めたのが安田記念。確かに、ダービーを頂点に‘春競馬の醍醐味ここにあり’で楽しめたのは事実。ただ、5週連続はどんなものか?NHKマイル→ダービーの流れはできつつある。それはそれでいい。が、位置づけが曖昧で浮いている感じが否めないヴィクトリアマイルは京都の外回りでも悪くない。

 

 年間を通して10~12FのGⅠは十分に組まれているが、いまだ9FのGⅠはない。ならば、このヴィクトリアマイルは、京都外回りの9Fにシフトしたとしたら、新味が出て結構盛り上がると思うのだが…。

 

 仮に、京都9Fなら中2週で安田記念、6月末の宝塚記念にもスムーズに対応できそうに思える。

 

 あと、GⅠ新設とするのであれば、中山のGⅡ・中山記念。あるいは8月の札幌記念か9月の新潟記念を、定量の1800mに変更して芝9FのGⅠを設けてほしい。

 

 上半期は、2月のフェブラリーSから3月末の高松宮記念と間延びする。その期間に中山記念が入れば、古馬9FのGⅠとして定着する筈。

 

 秋も9FのGⅠということでで札幌記念か新潟記念を格上げするのも悪くはない。

 

 札幌や新潟は両方とも今は10F。1F短くなることによって、秋は天皇賞→JC路線か、マイルCSかの選択肢も広がる。そうなれば回を重ねるごとに9Fのスペシャリストが出現しないとも限らない。

 

 まずは色々と試してみることが大事で、新たな路線やGⅠの創設には考慮の余地が十分にありそうだ。

 

【マーメイド S】10万馬券を演出する!?波乱の使者は⇒コチラ

【競馬JAPAN】