【競馬JAPAN】祭りを終え、次なる戦いへ 秋に向かって注目したい馬

2015年06月04日 10時01分

 

 

 近年のダービーは内有利の傾向が強く、どこか力を出し切れずに終わってしまう馬も見受けられたが、今年は違った。時計は速いものの、差し馬も活躍し、馬場はほぼフラットな状態。そしてダービーは前半から速く流れて、レースレコードを更新。タフな競馬になったこともあって、ほとんどの馬が力を出し切り、ダービーに相応しいレースになったのではないか。

 

 激しいレースを制したのは断然人気のドゥラメンテ。皐月賞に続く圧勝で、父(キングカメハメハ)を超えたという声も聞こえてきた。

 

「速めのペースを好位追走し、残り1Fで馬群の外から抜け出す横綱相撲。折り合い難を含めいろいろな不安説もあったが全く問題なかった。馬の強さもさることながら、怖がって引っ張らず、堂々攻めた騎乗をしたデムーロ騎手の手腕も見逃せない。血統からまだまだ伸びる可能性もある。父(キングカメハメハ)は故障で早くに引退してしまったから、あとは無事に行ってほしい」(関東記者)

 

 今後の予定は未定だが、某テレビで岡田繁幸氏(ビッグレッドF代表)が「世界一の馬」と称したほどの馬。やはり凱旋門賞を期待してしまう。

 

 ハイレベルなダービーだけあって、2着以降もこれからが楽しみな馬が並ぶ。

 

「きついローテーションながら2着したサトノラーゼン。内枠が良かったのもあるが、馬も一戦毎に力をつけている。同じ厩舎、馬主のサトノノブレスに似たタイプで、菊花賞は有力だ。3着のサトノクラウンも、後方から外をまわって良く伸びてきた。皐月賞は騎乗ミスもあったが、調子の悪さも大きかった。正直、今回も調子は戻り切っていなかったが、ここまで走れるのだから能力は高い。今回こそ2400mで結果を残したが、イメージは中距離型。秋は天皇賞路線のほうが面白い」(雑誌記者)

 

 残念だったのはリアルスティール。ドゥラメンテ打倒はこの馬しかいないと見られていたが、直線で伸びを欠き、馬券圏内にも入れなかった。

 

「ダービーから逆算してつくってきただけあって、これまで見えた緩さは解消され、締まって見えました。デキ自体は申し分ないと思いましたが…。距離が長かったんですかね」

 

 とは、パドックで同馬を間近に見ていたカメラマン。ダービーに向けてつくってきたとはいえ、全体的な完成度は他馬より低いと言われていたリアルスティール。秋へ向けて成長を期待したい。

 

 全体的に差し馬が有利だった中、唯一先行して5着に残ったのがコメートだ。

 

「申し訳ないけど、この馬がここまでやれるとは思っていなかった。今日の展開で掲示板に載ったのだから、フロックでは無かろう。人気になるタイプじゃないから、馬券的においしいタイプだね」(関東記者)

 

 この話からも分かるように、先行馬には厳しいレースとなったので、前へ行って敗れたミュゼエイリアン、キタサンブラックあたりの評価は落とす必要はあるまい。

 

 さてダービーも終えて、まずは一休みしたいところだが、競馬は今週以降も続く。そして菊花賞へ向けて、新たな戦いも始まる。

 

「ダービー組では、サトノラーゼンが菊花賞では面白いが、それ以上に興味を持つのが、ダービーの前日の白百合Sを勝ったアルバートドック。京都新聞杯ハナ差2着で惜しくもダービーには出られなかったが、白百合Sは差し馬に厳しい今の京都で差し切りと、ここへ来てかなり力をつけている。追って味のあるタイプで、距離が延びるのはプラス。気が早いが、菊花賞はこの馬だ」(競馬専門誌記者)

 

 昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルは、ダービーの前日にデビューし、10着大敗。そこから5か月で、GⅠウイナーに到達している。

 

 これから始まる夏競馬も、決して見逃してはいけない。

 

【安田記念】 ココが千載一遇の一戦!高配当必至の衝撃穴馬が無料

【競馬JAPAN】