【安田記念】この3頭が速い流れになれば力を発揮できる差し馬!

2015年06月03日 21時01分

落ち着き十分のサンライズメジャー。本来は差せる馬だ

【安田記念(日曜=7日、東京芝1600メートル)栗東発トレセン秘話】GI競走の1週前に、JRAから当該GIのミニデータ集的なものがメディアに配信されるのだが、安田記念のそれを見て、思わず笑いそうになってしまった。今年は先行力に富む馬が多いという項目の中に、ミッキーアイル、カレンブラックヒルとともにサンライズメジャーの名もピックアップされていたからだ。

 確かに前走のマイラーズC(2着)はハナに行く形にはなったが、誰も行かないスロー(前後半3ハロン35秒3→33秒2)の展開の中で押し出されただけのこと。脚質で分類するなら、中団からの差し馬なのは過去の戦歴を振り返れば明らかで、少なくとも先行力に富むタイプではない。

「展開を考えれば、うまく乗ってくれたとは思うけど。まさかハナに行くことになるとは…ね」とは管理する浜田調教師。当事者にとってもまったく想定外の競馬だったのだ。

 誤解のないように言っておくと、何もJRAをディスりたいわけではない。想定外のスローがあまりに多過ぎるというのが今回の本題だ。

 実際、マイラーズCだけではない。ヴァンセンヌを管理する松永幹調教師も2着に敗れた前走の京王杯SCに関してこんなことを言っている。

「前走みたいなスローペースは普通の重賞ではありえない。未勝利レベルの遅さだったもんな」

 確かに前半3ハロン通過36秒0は翌日の3歳未勝利戦より0秒2遅く、まさに“未勝利レベル”(の流れ)だった。

 この京王杯SCまで極端ではないとはいえ、ダービー卿CTにしても後傾ラップ(前後半3ハロン35秒6→34秒2)になっており、今年の主要前哨戦は、前半3ハロン33秒台で流れることも多い本番の安田記念とは正反対のレースばかりだったことになる。これも現マイル路線の層の薄さがもたらしたものなのか…。しかし、松永幹調教師はこんなことも言っている。

「今年の安田記念のメンバーが弱いってことではないと思う。特にダービー卿(CT)を勝ったモーリスなんて、あの流れで、あの後ろから突き抜けるんだから、めちゃくちゃ強かった。あんな勝ち方はなかなかできない。かなりの強敵ですよ」

 結局、言われて久しいスローの競馬のオンパレードはメンバーのレベルに関係なく、日常的に起こることなのだろうか。

 いずれにせよ、スローで2着に追い込んだヴァンセンヌはもちろん、いつもと違う競馬で好走したサンライズメジャーも、本番が速い流れになれば、より力を発揮できるのは確か。松永幹調教師が最も警戒するモーリスと合わせ、差し馬3頭を現時点の注目馬に挙げておきたい。