【競馬JAPAN】驚愕の成長力 モーリスがGⅠに王手

2015年06月03日 10時00分

 


 GⅠともなれば、昨日今日強くなった馬が勢いで勝てるほど甘いものではない。そう考えれば安田記念は、昨年のマイルCSでハナ差の勝負を演じたダノンシャークやフィエロ、GⅠ勝ちの実績を持つミッキーアイル、リアルインパクトあたりが1番人気になるはず。

 

 しかし今年は違うようだ。前走のダービー卿CTで初めて重賞を勝ったモーリスの評判がやたら高く、この馬が1番人気に推されそうである。GⅢを勝ったばかりの馬を、そこまで人気にして大丈夫なのか。

 

「この馬は常識に当てはまらないんじゃないか。デビュー戦こそ強かったが、その後は期待ほど伸びず。トレーニングセール出身で、単なる早熟馬と決めつけていたが、これがとんでもない事になるなんて」(元専門紙競馬評論家)

 

 約7か月の休養を入れ、1月の1000万若潮特別で復帰。このレースを楽勝すると、1600万のスピカS、そしてGⅢのダービー卿CTと3連勝。この内容が凄いと、先の評論家は話す。

 

「本来なら、クラスが上がるたびに相手も強くなるから、連勝といっても勝ち方は楽じゃなくなり、着差も少なくなるはず。でもモーリスが逆なんだよ。さすがに1000万、1600万の2つは相手も楽だから、自分勝手に走って圧勝した。でもダービー卿CTは条件戦とは違うから、スピカSのように最後方から直線で差し切るなんて無理だと思ったよ。そのスピカSも、並ぶ間もなく差し切った脚は凄かったが、着差はクビ。だからダービー卿CTでも同じように後方にいた時は、こりゃ駄目だと思った」

 

 そんな心配をよそにモーリスは、スピカSを遥かに上回る鬼脚を繰り出し、最後の1Fは中山では異例の10秒9。この驚愕の脚に、後続はあっという間に3馬身半の差をつけられた。あの時計を見たら、他馬が情けなかったのではなく、モーリスが凄すぎたと思うしかあるまい。

 

「最初は賞金不足で出られない不安もあったが、登録馬が少ないおかげで出走できる。このあたりは同厩のドゥラメンテの皐月賞と同じで、勝負に大事な運も持っている。それにしても堀厩舎は凄いわ」

 

 堀厩舎は、ダービーにドゥラメンテ、サトノクラウンと有力馬を2頭出走させ、ダート界には新星ゴールデンバローズがいる。そして安田記念は、オーストラリアでGⅠを勝ったリアルインパクト、そしてモーリスを出走させる。

 

 いつもなら、このてのタイプは危ない人気馬と指摘するのだが、今回のモーリスはどうも違う。今後のマイル路線を引っ張る主役誕生の予感が大である。

 

【安田記念】 ココが千載一遇の一戦!高配当必至の衝撃穴馬が無料

【競馬JAPAN】