ゲート試験の合格ラインはバラバラ

2012年09月12日 10時00分

【トレセン発秘話】3歳未勝利戦の終了が近づき、新馬との入れ替えが頻繁に行われるシーズンに入ったからなのか、関係者の間でゲート試験の話題が多くなってきた。その内容は試験のジャッジに疑問を投げかける声が多い。

 先週水曜にゲート試験を受けたファレノプシスの半弟キズナはゲート入り、駐立、出も悪くなかったのに試験に落ちたのだ。

「落ちた理由はゲートを出てから遊んでいたということだった。それだったらゲート試験じゃなくて、調教試験じゃないのか?」とは騎乗していた佐藤哲。翌日にもう一度試験を受け、見事パスした同馬。管理する佐々木調教師によれば「水曜に落ちた時とゲートの出は一緒だった。どうして1回目に落ちたのか分からない。たかが試験一回といっても、2歳馬にとってはそれが結構な負担になることもあるからね」。

 ゲート試験に関して関係者から一番よく聞かれる不満はゲートの出に関してだ。「ゲート入り、駐立が悪ければ、こっちとしても直さないといけないと思うけど、ゲートの出に関しては、ある程度その馬の個性というものもある」とは平田調教師。

 テンからバリバリ飛ばすスプリンターになるような馬と、長い距離に適性がある馬ではゲートの出が違うし、育て方も変わってくる。ゆったり走らせたい馬を試験のためにゲートからガリガリ行かせ、走りのリズムを崩してしまっては本末転倒だろう。試験官や時期によって合格ラインがバラバラという声も根強いゲート試験…。いろいろと改善の余地がありそうだ。

(栗東の坂路野郎・高岡功)