【UMAJIN.net】「中山記念」“3強”のうち1頭に警鐘!?  

2015年02月27日 20時00分

 

【潜入!UMAJIN.net編集部の裏側】

 

 デスク:ダルビッシュの彼女が妊娠したってな。

 

 伊藤:山本聖子さんですか。五輪には出場していないが、一線級で活躍したレスリングの選手で、姉がこちらもアマレスで名をはせた山本美憂さん、兄は格闘技で活躍している山本KIDさんでしたっけ。

 

 デスク:その山本家の父がミュンヘン五輪に出た山本郁栄さんだろ。父ダルビッシュユウ、母ヤマモトセイコ、母父ヤマモトイクエイ。セレクトセールに出てくれば…。

 

 伊藤:怒られますよ! アホみたいなこと言ってないで先週を振り返りましょう。フェブラリーS(22日)はハナを切る、と公言していたコーリンベリーがまさかの出遅れ。“コパノリッキーが大名マーク”の青写真が崩れ、一瞬波乱を予感させましたが…。

 

 デスク:結局“1強”が強かった。ノリちゃんの馬(横山典騎手騎乗のアドマイヤロイヤル)が代わりにハナに立ったのも大きかったが、実績通りというか(コパノ)リッキーの力が抜けていた印象で、直線での二枚腰はさすがだったもんな。ワンターンコースが得意、と俺が本命に据えたベストウォーリアは3着。だが、インカンは押さえておらず…。

 

 伊藤:【WINDEX】総合数値1位で、ボクの本命だったローマンレジェンドはメンバー最速の脚でインを突きましたが3着争いに雪崩れ込む5着まで。際どい差だったんですが…(※【WINDEX】=究極のデータと究極の情報を融合させた独自指数)

 

 デスク:京都記念に続き2人とも連勝とはいかなかったが、的は外してないぞ。今週はバッチリ当てて、即巻き返しといきたいな。

 

 伊藤:“的は外してない”ほど、都合のいい言い訳もないと思いますけどね…。今週末、まず注目は伝統の古馬重賞、中山記念(3月1日)ですね。京都記念は“2強”、フェブラリーSは“1強”でしたが、このレースはどうやら“3強”という様相。

 

 デスク:皐月賞馬2頭にオークス馬の激突。GIだった先週よりも、顔合わせとしてはより豪華な感はあるよな。

 

 伊藤:ただし、3頭のうちイスラボニータとヌーヴォレコルトはそれぞれ3か月近い休み明け。もう1頭ロゴタイプは順調に使われていますが、前走(根岸S)のダート挑戦が余計だった感は否めません。伏兵が付け入るスキが十分ありそうですね。

 

 デスク:その3頭ですんなり、とはいかないだろう。俺のとこには本格化著しい良血馬の話が入ってるぞ。祖母は金メダリスト…じゃなくGI勝ち馬。デビュー当初から期待は大きかったが、
ここへきていよいよ覚醒してきたらしいな。