JRA後藤浩輝騎手が自殺

2015年02月27日 10時41分

自殺した後藤浩輝騎手

 JRAの後藤浩輝騎手(40)が26日夜、茨城県阿見町にある自宅で首をつり自殺した。

 同騎手は大ケガにより長期間戦線離脱していたが、昨秋に復帰。以後順調に勝ち星を積み重ね全盛期の輝きを取り戻しつつあった。先週土曜(21日)の東京GIIIダイヤモンドS(リキサンステルス騎乗)で落馬しヒヤリとさせたが、頚椎捻挫の診断。大事には至らず日曜(22日)の京都競馬には予定通り騎乗。2勝をあげるなど変調は感じさせなかった。

 26日も夕方まで家族と普通に過ごしており、動機は今のところ不明だ。

 後藤騎手は1992年に美浦の伊藤正徳厩舎所属で騎手デビュー。95年にフリーとなり、米国武者修行を経て、97年以降は勝ち鞍を伸ばし、関東のトップジョッキーの仲間入りを果たした。2002年には安田記念でアドマイヤコジーンに騎乗してJRA・GI初制覇。GI(交流競走も含む)は8勝挙げている。JRAの通算成績は1447勝。同重賞勝ち鞍は53。

 2012年5月のNHKマイルCでの落馬負傷後、幾度の困難を切り抜けてきただけに、何とも悔やまれる。