【競馬JAPAN】出世レースの勝ち馬を覚えておこう

2015年02月26日 13時01分

 

 フェブラリーS当日の名物と言えばヒヤシンスS。同じダートのマイル戦で行われるこのレースは、JRAの3歳世代のダートでは初のオープンクラスのため、毎年ダートのトップクラスが集まる。そのため重賞級のハイレベルになることも多く、ここ5年の勝ち馬のうち3頭は、後に重賞を勝っている。ちなみにフェブラリーSの勝ち馬コパノリッキーも2年前のヒヤシンスSに出走し、1番人気に推されながら3着敗退。この馬が人気で負けてしまうほど、難しいレースと言える。

 

 今年は、ここ2戦で圧倒的な強さを見せつけたゴールデンバローズが断然人気。道中は行きっぷりが悪く不安も感じさせたが、直線に外へ持ち出すと、そこからは段違いの脚で他馬を圧倒。2着に3馬身半差をつける圧勝で3連勝を決めた。

 

「現状の3歳ダート戦線ではズバ抜けている。勝ちタイムもフェブラリーSと1秒以内だし、上がり3FはフェブラリーS上位馬よりも速い。陣営は招待されればUAEダービーにも行きたいようだが、これは楽しみだね」(競馬専門誌記者)

 

 以前ダートの怪物候補と見られていたフラムドパシオンが出走したときは3着。それ以上を期待したい。

 

 先週は注目レースがもう一つ。土曜日の京都9レースつばき賞は、500万特別ながら重要な一戦。というのも、ここ5年の勝ち馬がミッキードリーム、ダノンシャーク、エアソミュール、サトノノブレス、そしてステファノスと、全て後に重賞勝ち馬となっている隠れた出世レースなのだ。

 

 今年も頭数こそ少ないが、なかなか素質の高い馬が集結。だが終わってみれば、キロハナの独壇場だった。

 

「スローペースで、上がり3Fが11秒6-11秒2-11秒2のハイラップだったように、差し馬にはかなり厳しい展開。これを後方から進み、直線は軽く仕掛けただけで差し切るのだから力が違った。もともとデビュー前から追い切りで凄い動きを見せており、今世代最後のクラシック候補と期待されていた馬。父がディープインパクトで、祖母は名牝ノースフライト、池江厩舎で、馬主が金子真人さんとなれば、クラシックを取る条件は揃っている。そこまでうまく行くかは分からないが、つばき賞勝ち馬が6年連続で重賞ウイナーになる可能性は高い」(専門誌記者)

 

 出世レースを勝ったゴールンデンバローズとキロハナ。未来の明るい2頭の今後がますます楽しみである。

 

馬連でも万券 濃厚!?関係筋だけが買う穴の秘密兵器!超穴馬券⇒

【競馬JAPAN】