【NARグランプリ2014】年度代表馬サミットストーンさらなる高みへ

2015年02月06日 11時00分

サミットストーンを管理する矢野調教師(右)と主戦の石崎駿

【NARグランプリ2014】地方競馬の年間表彰式「NARグランプリ2014」が5日、東京・目黒雅叙園でファン50人を含む関係者約400人を集めて行われた。

 初の年度代表馬に輝いたのはJpnII浦和記念を制し、GI東京大賞典で地方最先3着を果たしたサミットストーン(牡、船橋)。4歳以上最優秀牡馬とのダブル受賞に「自分(の馬)がもらえると思わなかった。昨年の今ごろに来てこっちのオープンで足りないと思ったが、ダイオライト記念(3着)でやれると感じた。今年7歳だが、もう少しできる」と矢野義幸調教師。主戦の石崎駿も「右腰の弱さが改善されてきた。もちろんJpnIでも戦える」と断言した。

 押しも押されもせぬ地方競馬の顔になったサミットストーン。今年こそJRA勢を撃破して、中距離路線の頂点に上り詰める。