【競馬JAPAN】乱高下するハービンジャー産駒の評価

2015年01月29日 08時01分

 

 上がったり、下がったりと、ハービンジャー産駒の評価が安定しない。社台グループが勝負をかけて輸入した種牡馬だが、もともと晩成血統なうえに、競走成績も血統通りの遅咲きだったものだから、産駒も「キャリアを積んでから」、「距離が延びてから」という評価が多かった。そして「欧州の重い血統だから、日本の馬場に合わない」という不安も出ていた。

 

 案の定、新馬が始まった頃は勝ち負け以前に仕上がらない馬もおり、デビューが延期になった評判馬も出ていた。しかし北海道開催が始まって一変。函館、札幌で産駒が勝ち始め、「早くから勝てるじゃないか」と評価も上がって来た。しかし好成績が洋芝の北海道に集中したことから、「時計のかかる洋芝だから勝っているだけ。時計の速い馬場では駄目だろう」と、ネガティブな声もまた多かった。

 

 だが新潟の新馬でサンマルティンが1F10秒3という高速ラップがマークされた新馬を快勝し、クラージュシチーが阪神の未勝利戦で10馬身差の圧勝すると、今度は「時計が速くても大丈夫」と、再度評価は上昇。

 

 これで評価は高い位置で固まると思われたが、今度はなかなか2勝目を挙げる馬が出現せず、ようやく年末開催でトーセンバジルが初の2勝目。「レースのレベルが上がると、時計の速いレースに対応できる馬が少ない」と、またまた評価が下がり始めていた。

 

 そして年が明けて重賞2戦。シンザン記念はスローの瞬発力勝負になったが、ロードフェリーチェがグァンチャーレにハナ差まで迫る2着。そして京成杯では、ベルーフが大外強襲を決め、ハービンジャー産駒として初の重賞勝ちを決めた。この結果から、またまたハービンジャー株は上がってきたようだが、いったい本当の評価はどこにあるのか。

 

「関係者の何人かにハービンジャー産駒の評価を聞いたが、最初の世代の産駒で3歳も明けたばかりだから、この先も分からないという人が多いね。

 

 血統通りなら、これからが成長期だろうし、距離が延びて更に良さが出るんだろうけど、本当にそこまで行くだろうか。

 

 現状では、高いレベルのスピード勝負や、瞬発力勝負になると厳しいような気がするね。重賞ではディープインパクト産駒の有力馬が待ち受ける。中山や阪神・京都の内回りならハービンジャー産駒のほうがいいかもしれないが、それ以外のコース、特に直線の長いコースや、スローの瞬発力勝負になると、ディープ産駒のほうが有利だろうな。

 

 それから京成杯のクラージュシチー、フェアリーSのカービングパスのように人気になりながら敗れた馬は、馬群の中で伸びあぐねた馬が多い。器用さがないのか、気性が難しいのか。

 

 内回り向きなのに、馬群は不向きとなると活躍の場は小さくなる。多頭数のクラシックは、よほど力が抜けた馬が出てこないと難しいかな」(競馬専門誌記者)

 

 京成杯勝ちのベルーフのほか、2勝を挙げたトーセンバジル、1戦1勝にはサンマルティン、エトランドル、ダイワミランダなど評価の高い馬も多いが、さてクラシックはとなると、まだまだ課題が多そうである。

 

 

カペラSに続 き100万馬券を狙う!根岸S3連単⇒限定無料公開

【競馬JAPAN】