豪快な末脚で秋GⅠの頂点へ!ワープ

2012年09月05日 11時00分

「サマー2000シリーズ」の最終戦として行われた2日のGⅢ新潟記念(新潟芝外2000メートル)は、7番人気のトランスワープ(セン7・萩原)が豪快な末脚で快勝。函館記念に続く重賞連覇で、シリーズチャンピオンに輝いた。7歳にしてメキメキと頭角を現してきた夏の王者が次に見据えるのはもちろん、秋のGⅠ戦。その可能性を検証する。

 ゴール前は5~6頭が横一線に並ぶ激しい叩き合い。そんな大接戦を制したのは遅咲きの7歳馬トランスワープだった。

「折り合いに細心の注意を払って騎乗した。直線は抜群の反応で素晴らしいはじけ方だった。本当に気持ち良かった」

 殊勲の大野は破顔一笑、会心の騎乗を振り返った。

 道中は抜群の手応えで中団のインを追走。5ハロン通過60秒4の流れの中、鞍上が引っ張り切れないほどの行きっぷりで直線を迎えた。ラスト400メートル地点では一瞬、馬群で前が壁となったが、大野は迷わず外へ進路を取る。最後は人馬一体となっての渾身の追い出しでタッチミーノット、アスカクリチャンなど数頭が競り合うゴール前を上がり最速32秒3の鬼脚でクビ差抜け出した。

「この馬自身、肉体的にはまだ若い。7歳にしてはキャリアも浅いので、これからの伸びシロは十分にある」と大野は今後に期待を寄せる。前走の函館記念では洋芝のパワー勝負に対応、そして今回は新潟の高速決着をクリア…対照的な夏の2重賞を制した価値は高く、陣営ならずとも秋のGⅠへの期待は膨らむ。

「今後はサマー2000チャンピオンとして恥じないように頑張りたい。大野ジョッキーは私よりこの馬を深く理解していると思うので期待しています」。萩原調教師は人馬にエールを送った。

 天皇賞は08年にセン馬にも門戸が開かれた。次走は未定ながら、距離適性からGⅠ天皇賞・秋(10月28日=東京芝2000メートル)が最大目標となるはずだ。

「ここまではこの馬に引っ張ってもらってきた。これからはボクが引っ張れるように大きな夢に向かってまい進していきたい」

 夏に花開いた7歳馬と、同馬とともに腕を磨いてきた大野。この成長著しいコンビが秋のGⅠ戦線で台風の目になるのは間違いない。