【日経新春杯】ポン駆け重賞V決めたアドマイヤデウスの今後

2015年01月19日 20時00分

直線インから抜け出して重賞初制覇のアドマイヤデウス

 GII日経新春杯(18日=京都芝外2400メートル)は、岩田騎乗のアドマイヤデウス(牡4・橋田)が直線インから抜け出して重賞初制覇。7か月半ぶりの実戦でポン駆け重賞Vを決めた同馬の今後の可能性を検証する。

 道中は馬群の内で静かに脚をため、4角手前の坂の下りでもジッと我慢。直線で必ずできる最内のスペースにねじ込んで抜け出す――。京都外回り芝2400メートルのお手本のような完璧なレースぶりでアドマイヤデウスは初タイトルをもぎ取った。

「今日はジョッキーがうまく乗ってくれました」

 橋田調教師が絶賛した岩田のそつのないプレーが光った一戦だった。

 だが、殊勲の岩田が強調したのは自身のレース運びではなく、アドマイヤデウスの成長度だ。

「今日は自分からハミを取り、前に行く姿勢を見せてくれた。落ち着きが出て大人になっているし、成長しましたね」

 テンに置かれることもあった以前と比べれば、行きっぷりの良さは確かな成長。馬の成長+好騎乗が見事にリンクした結果がこの日の勝利につながった。

 有馬記念が終わって1か月もたたないうちに開催されるハンデGII。あまりレベルが高くないのは説明するまでもなく、過去の勝ち馬でその後にGIを勝った馬といえば、最近では11年のルーラーシップ(12年の香港GIクイーンエリザベスII世C優勝)がいる程度。先の展望を語る上でなかなか明るい話題を見つけにくいレースだし、牝馬のフーラブライドと同斤55キロで0秒1差という結果は正直物足りない。

 しかし、ダービー以来の骨折休養明けという状況を考えれば話は変わってくる。ただでさえ調整が難しい冬場。半年以上も休んでいた馬がいきなりGIIを勝つということは簡単にできるミッションではないからだ。

「すごく素質を秘めている馬だと思うし、これからもこの馬のレースを見てもらいたい」と鞍上が言えば、橋田調教師は「背が高くなって馬がひと回り大きくなった。春は天皇賞(春)を一番の目標にしたい」と高らかにGI取りを宣言した。

 押せ押せのローテで調子を崩していた感のある皐月賞(9着)、日本ダービー(7着)を除けば、全レースで馬券に絡んでいる馬。例年の当レースの勝ち馬とは、ちょっぴり違うかもしれない。