【UMAJIN.net】「日経新春杯」京都コース巧者に狙い定める

2015年01月16日 20時00分

 

【潜入!UMAJIN.net編集部の裏側】

 

 デスク:海外の馬券が買えるようになるってな!

 

 伊藤:まだ時期は分かりませんが、いずれ実現するでしょうね。フランスギャロなど海外主催者に売り上げをどのくらいの配分で渡すのか?とか、クリアすべき課題はたくさんありそうですが…。

 

 デスク:んなもんだまってやっていいだろ。どうせバレないし。賞金やら運営費を払わなくていいからブックメーカー、JRAが丸儲けだ、ガハハ!

 

 伊藤:バレないわけないでしょ! 国際問題になりますよ!

 

 デスク:いい案だと思ったんだけどな。

 

 伊藤:アホなこと言ってないで、まずは振り返り。シンザン記念(11日)、デスクは【WINDEX】トップ2頭ということでレンイングランドとナヴィオンからの勝負でしたね。ゴールへ上位5頭がなだれ込む大接戦でしたが逃げたレンイン5着、ナヴィオン3着で惜しくも不的中でした。(※【WINDEX】=究極のデータと究極の情報を融合させた独自指数)
 デスク:惜しいもなにも俺の中では的中も的中、大的中だ。たまたまJRAの配当はゼロ円だったけど、俺がブックメーカーなら払い戻してたぞ。

 

 伊藤:(むちゃくちゃ言うなあ)ちなみにボクの本命サトノフラムは失速し11着。テンションが高く、余計なところでスタミナを使い切ってしまったようで…。

 

 デスク:サトノ、新馬戦の強さから能力は相当ありそうなんだけどな。

 

 伊藤:気性面が成長すれば、いずれ重賞で勝ち負けするはずです。さて、今週は日経新春杯(18日)です。

 

 デスク:去年の勝ち馬サトノノブレスが実績では最上位。この馬、全然休んでなくないか?

 

 伊藤:昨年夏の小倉記念からずっと走ってますね。ただし調子の変動は少ないタイプで、中間の様子からも疲れを感じません。ハンデは58キロですが馬格があるから苦にはしなそうですし、大きく崩れないのではないかと。

 

 デスク:なるほど。実績上位組だと、一頭いい話が入ってるぞ。とにかくデキの良さが目立ち、ハンデに関しても他陣営は「背負いすぎ」とブーイングを飛ばしている中、この馬の陣営サイドは納得だってな。これは【馬キュンカード】として番組内で公開だ。(【馬キュンカード】=テレビ番組「馬キュン!」用に調達された馬券直結情報)