【競馬JAPAN】今世代最後の大物か、ディープ産駒のキロハナ

2015年01月16日 06時00分

 

 有力馬のデビューが早くなった昨今、年が明けてからのデビューでは、もはやクラシックは間に合わないという声も多い。そんな傾向を考えると、この1月開催の新馬戦が、クラシック最終便となるかもしれない。

 

 そんなギリギリの時期に、関西で大物候補がデビューした。

 

「この開催最大の注目と見られていたのがキロハナだね。父はディープインパクト、母は3勝したハウオリで、祖母には11戦8勝でGⅠを2勝した名牝ノースフライトという良血。

 

 血統もいいけど、調教も凄かった。古馬を相手に併せ馬で一度も負けたことが無く、直前の調教も馬なりで、上がり12秒を切る好時計(CW)。デビュー前に、これだけの時計を出せる馬はなかなかいない」(関西TM)

 

 血統が良く、調教も良くても、レースへ行って期待外れなんてことはよくあること。同じ池江厩舎の良血馬で調教も動いていたラヴィタフェリーズが、新馬戦で断然人気を裏切って大敗したケースもある。

 

 そんな不安をヨソに、キロハナは超スローペースでも落ち着いた走れで好位につけると、直線は持ったまま先頭。ゴール寸前に追い出すとしっかり反応し、差してきたナリタゴールドを抑えて1着となった。

 

「着差もそれほどなく、2着馬が迫って来たこともあって中身は地味に見えるが、実際は完勝といっていい。本来ならディープ産駒ということもあって後方で脚を溜め、直線外から差すという形を見たかったところもある。ただ時期的に負けが許されないときだから、そんなリスクを背負ったレースは怖い。それよりも、ペースに合わせて好位から抜け出し、余力をもって勝ったの良かった。この先クラシックまで時間が無いので、休ませる余裕が無い。だから、少しでも余力をもって勝ち上がらせたい。本当の力は、もっと強い馬と当たった時に見せればいい」(競馬専門誌記者)と着差以上の内容と、その勝ち方を評価する。

 

 それにしてもディープインパクト産駒の勢いが凄い。朝日杯FSをダノンプラチナ、阪神JFをショウナンアデラ、そしてホープフルSをシャイニングレイと、産駒が主要重賞を制したほか、年末の新馬ではリアルスティールという新たな大物候補も出た。先週は京都の未勝利戦で、デビュー前から評判だったジェネラルゴジップがようやく期待馬らしいレースを見せて勝ち上がった。

 

 今世代最後の大物と言われるキロハナも、この流れに乗って一気にクラシック路線に乗ってきそうな雰囲気だ。

 

【京成杯】100万馬券を狙う3連単ショッ トガン⇒限定無料公開

【競馬JAPAN】