【競馬JAPAN】良血人気2頭に不安あり。波乱必至のフェアリーS

2015年01月08日 08時02分

 

 

 年明け2週目は、京都でシンザン記念、中山ではフェアリーSと3歳戦がメインとなっている。どちらが馬券的に面白いかといえば断然フェアリーSのほう。出走予定馬も多く、3歳牝馬戦ということもあって荒れる可能性は十分だ。特に今年は、上位人気になりそうな良血馬2頭に不安要素があるから、尚更面白い。

 

「関西馬で人気になりそうなのはコートシャルマン。半兄に安田記念勝ちのストロングリターン、全姉に桜花賞2着のレッドオーヴァルがいる良血で、この馬もデビューから1400m戦を2連勝。上がマイルGⅠで活躍していることから、阪神JFでも3番人気に推されたが、レースでは全く見せ場もなく10着。これって距離のせいもあると思うんだよ。姉のレッドオーヴァルが今では1200m戦を主としているし、半兄には1200m専門のダイワマックワンもいるから、より短距離志向が強い馬が出たっておかしくない一族だからね。

 

 今回のフェアリーSもマイル戦。あまり中山が合うイメージもなく、適性が合うとは言えない。能力はあるし相手も弱いから何とかなるような気がしないでもないが、人気になりそうだからら、軽視したほうがおいしい存在」(関西記者)

 

 関東からは、これも良血のカービングパスが危ないという話も。

 

「半兄はコディーノで、母は重賞ウイナーのハッピーパス、その姉にマイル女王のシンコウラブリイだから、超良血と言っていい馬。POGでもかなりの人気になったというのは分かるね。

 

 夏の北海道でデビューし、新馬戦は勝ったが、弱い相手の割にギリギリ差したという危ないレースだった。そして久々の赤松賞は1番人気。直線でジリジリ差してきたものの3着に終わった。休養明けにしてはよく走っており能力はソコソコあると思う。ただ兄のコディーノもそうだったように、この馬も気性に問題があるうえに体質も強いほうではなく、順調に使えるタイプでは無い。新馬を勝った後も、アスター賞を予定していたが体調を壊して回避。前走も調教過程を見ると、他の馬に比べると物足りなさが残った。今回も強く攻めるとは思えず、万全の仕上がりで出られるかは疑問。血統から過剰人気は間違いなく、前走同様危ない人気馬だ」(雑誌記者)

 

 桜花賞を考えれば、コートシャルマンやカービングパスのような良血馬が勝ったほうが本番は盛り上がるのだろうが、危ない点を抱えており、過剰人気の現状では馬券的にお得な馬では無い。

 

 どうやらフェアリーSは、ドーンと大穴を狙えるチャンスレースとなりそうだ。

 

【シンザン記念】お年玉情報で獲れ!大穴3連単馬券⇒無料公開

【競馬JAPAN】