【京都金杯】復活ウインフルブルームの勝因は能力?それとも枠の恩恵?

2015年01月05日 20時00分

スローペースで逃げたウインフルブルーム(手前)が内枠利して復活勝利

 GIII京都金杯(芝外1600メートル)は5番人気ウインフルブルーム(牡4・宮本)が逃げ切り勝ちで初のタイトルをゲットした。とはいえ、内枠ばかりが好走する近年のこのレースの傾向は気になる材料。皐月賞3着馬の完全復活にケチをつける気はないが、果たしてこれでいいのだろうか?

 

 ウインフルブルームが11秒台のラップを刻み続けての逃げ切り勝ち。マイル路線の新星誕生と持ち上げたくなる内容だが、それを断定し切れないのは近年の京都金杯で見られる、あからさまな傾向――。“内枠断然有利”が今回もまったく変わらなかったからだ。

 

 上位3頭の馬番は順に4→1→2。昨年の5回京都(前半2週がB、後半2週がCコース施行)で保護されていた内ラチ沿いの芝が、Aコースになってグリーンベルトを生み出すのは例年と同じだ。

 

 馬場のいいところを通って脚をためていた内枠の馬とは対照的に、中枠の馬は押し込められて不利を受け、外枠の馬は伸びることのない場所を通らされる…。馬の実力と同等、あるいはそれ以上に影響する枠について考えなければならない舞台設定は問題に思える。

 

「直線入り口でグランデッツァに一度は出られているんですけどね。そこから盛り返してくれたし、最後もよくしのいでくれた。内枠だったし、多少は厳しくても自分のペースで行こうと決めていたんです」と勝ち馬の手綱を取った池添。ホウライアキコ、グランデッツァのほうがスタート直後は前にいたが、譲らずにハナを主張できたのも内枠だったからだ。

 

 見守った宮本調教師も「外から馬が来てくれたおかげでふくれずに済むと思った。前走(チャレンジC=8着)は気の悪さを出してしまったけど、今回は何もかもうまくいった。内枠が良かったかな」と2枠4番の利を強調。せっかくの復活Vが能力なのか、枠の恩恵によるものかは微妙なところで「とにかく枠が良かった」と言い切った2着エキストラエンド=福永のコメントがこのレースのすべてを集約しているとも言えないか。

 

 ウインフルブルームの今後については「昨秋から4走も使っているし、次走については様子を見てから決めるかな。大目標は安田記念にする」と宮本調教師。この日の勝利が枠によるものでないことを願いたい。