【UMAJIN.net】「チャンピオンズカップ」調教×でも狙える

2014年12月05日 20時00分

【潜入!UMAJIN.net編集部の裏側】

 

 伊藤:ネットでなに読んでるんスか?
 
 デスク:今年の新語・流行語大賞だな。ワシャ、広島出身なんじゃけど“カープ女子”なんて別に今年からじゃのうて、普通に何十年も前からおったけえね。
 
 伊藤:広島弁になってますよ! 
 
 デスク:あとは“レジェンド”か。俺も一日も長くこの業界に貢献して、レジェンドと呼ばれる存在になりたいもんだ。ガハハ!
 
 伊藤:(一日でも早く消えてくれ…)流行語ネタはそのへんにして。ジャパンカップ(11月30日)を振り返りますよ。【馬キュンカード】で「凱旋門賞組は明暗分かれた」と関係者が明かしましたが「気合戻った」ジャスタウェイは2着、「前向きさない」ハープスターは5着。カード内容そのままに明暗分かれました。(※【馬キュンカード】=テレビ番組「馬キュン!」用に調達された馬券直結情報)
 
 デスク:ハープは故障馬のアオりを受けたのが大きかったが、仮に絶好調ならそういうアクシデントも乗り越えたかもな。デキ落ちや不利のない“ありのまま”の姿で直線伸びてくるハープを見たかったんだ。
 
 伊藤:流行語から離れて! 【馬クダンカード】で「古馬にはね返される」と危惧されたイスラボニータも9着。3歳馬はワンアンドオンリー含めていいところがなかったスね。(※【馬クダンカード】=現場関係者直送の馬券直結情報)
 
 デスク:3歳馬が来ないのも、俺が狙ったデニムアンドルビーが来ないのも、妖怪のせい~♪
 
 伊藤:“妖怪ウォッチ”ですか…。言うまでもないですが、馬券が外れるのは自分のせい! さあ、今週はジャパンカップダートから名称変更、中京に場所を移して開催になるチャンピオンズカップ(7日)です。豪華メンバーのなか、JBCクラシック(11月3日、盛岡)を快勝したコパノリッキーが人気になりそうですね。
 
 デスク:フェブラリーSでは最低人気だったなんて、今となっては信じられん。稽古の動きはどうだった? 
 
 伊藤:併せ馬で遅れ、正直いい動きとは…。コパノリッキーの取捨については重要な証言が入ったので「馬キュン!」内で明らかにしますよ。調教で目立ったのは坂路でクリソライトとサンビスタ、トラックでカゼノコあたりでしょうか。まあ、ダート馬は稽古と結果が結びつかないタイプが多く、なんとも言えませんが。
 
 デスク:稽古で動かないといえばヴァーミリアン(GI・9勝)もそうだったな。
 
 伊藤:そういう、稽古でサッパリ動かなかった組から1頭虎視眈々と上位を狙う馬の話が。
 
 デスク:面白そうだな。
 
 伊藤:「ハマれば勝ち負け」と陣営サイドは強気も強気。人気もありませんし、狙って面白い馬ですよ。これは【馬クダンカード】レッドとしてメルマガ限定公開です。
 
 デスク:地力はかなり、と前々から評判の馬。よし、今週はその馬を狙ってみるかな。
 
 伊藤:デスクのほうはいい話、ないんスか?