【競馬JAPAN】主役の姿が見えないダート戦線

2014年11月13日 09時00分

 

 

 ダートの王者を決める第1回チャンピオンズC(旧ジャパンCダート)の前哨戦みやこSは、ここ3戦安定感を見せていた1番人気のクリノスターオーが失速、外から伸びてきたインカンテーションが差し切り初重賞制覇。これで3連勝となった。

 

「京都のダート戦では不利な外枠に入り、レースも外々を回らされての差し切りだから価値が高い。ただ本番でこの競馬だときついだろう。逆にナムラビクターは早めに動けるし、京都よりも阪神のほうがいいタイプ。次は面白いと思うよ。

 

 クリノスターオーの場合は、もともと気性的に問題があるので、こうした競馬になることはある。だからこの一戦で評価を下げるわけにはいかない。ただ主戦の幸騎手が恐らくホッコータルマエに騎乗すると思うので、そうなると厳しいかな。

 

 まあ本番のチャンピオンズCは、JBC組のほうがいいと思うけど」(関西専門紙記者)

 

 そのJBC組とは、上位のコパノリッキー、クリソライト、ワンダーアキュート、ホッコータルマエの4頭を指す。

 

「コパノリッキーは、フェブラリーSで単勝万馬券になり驚かせたけど、その後は、かしわ記念、帝王賞、JBCクラシックと地方交流GⅠを1、2、1着と安定した結果を残している。ただ中央場所で走っていないせいか、もうひとつ印象が残っていないんだよな。実はクリソライトも、ここ3戦は地方交流。ワンダーアキュートもコパノリッキーと同じローテだし、ホッコータルマエもドバイの後にJBCと、最近レースをナマ(現場)でしっかり見ていない馬ばかり。ファンだって、結果を見てもピンと来ない人が多いんじゃないか。JRAの馬券を買う人が、地方交流重賞も必ず買っているわけじゃないからね。ただレース映像をビデオで見るのと、しっかり予想してレースをナマで見るのでは、受ける印象も変わってくる。だから地方交流を主戦にしている馬の印象は薄いと思うし、そこが馬券にキーになると思う」(記者)

 

 確かに、JRAで行われたレースはパッと思い出せるが、地方交流レースだと思い出せないレースもいくつかある。そのあたりに穴馬が隠されているかもしれない。チャンピオンズCが近づいたら、地方交流レースを地方競馬サイトなどで確認しておいたほうがいいかもしれない。

 

 アルゼンチン共和国杯は、ジャパンC、有馬記念に繋がる一戦。フェイムゲームが直線で豪快に抜け出して、3つめの重賞勝ちを収めた。

 

「ダイヤモンドSもそうだったが、スタミナ勝負は強いし上がりの脚もあるので、東京の長距離戦に向く。ただ中山も京成杯を勝っているので、年末の有馬記念なら勝つとまでは行かなくても、2、3着くらいなら狙える。他は上位よりも、むしろ下位の馬がこの先の狙いだろう。デスペラードは横山典騎手の進言でブリンカーをつけたが、これが効きすぎた感が強く飛ばし過ぎた。今回は度外視していい。人気のホッコーブレーヴは休養明けも走るのに大敗というのは気になるが、当然能力負けではなく、これで人気が落ちればおいしい。この馬も真っ直ぐ有馬記念に出てくれが穴馬券のチャンスだ」(競馬雑誌記者)

 

 2歳戦は東西で重賞が2つ。京王杯2歳Sはセカンドテーブル、ファンタジーSはクールホタルビと、どちらも人気薄が勝った。

 

「中距離戦に比べると、短距離路線は本当に強い馬がいないので、こうした波乱は起きる。京王杯は勝ったセカンドテーブルがどうこうより、ニシノラッシュが残念。新潟2歳Sの内容から、もっと走れる馬だと思うのだが。差す脚が無いので、先行したほうがいい。ファンタジーSは、当日の新馬戦の時計よりも遅く凡戦。阪神JFで狙える馬は一頭もいないだろう」

 

 とは2歳戦に詳しい記者の話。阪神JFは1週前にあったアルテミスS組か、百日草特別をを圧勝したルージュバックあたりが有力となりそうだ。

 

【エリザベス女王杯】またヌーヴォが負ける!?ここ勝負の穴馬は

【競馬JAPAN】