【競馬JAPAN】JCで怖い天皇賞・秋で敗れた古馬3強

2014年11月06日 08時00分

 

 

 古馬のジェンティルドンナ、フェノーメノ、エピファネイアに3歳馬のイスラボニータを加えた4強対決という見方が強かった秋の天皇賞。ただ古馬3強がJC狙いという見方も多かったせいか、1番人気は3歳馬のイスラボニータに。

 

 直線ではイスラボニータが先に抜け出し、内からジェンティルドンナが忍び寄る。この2頭のマッチレースかと思ったところへ、外からスピルバーグが強襲してこれらを捉え、初重賞がGⅠの戴冠となった。

 

「新馬を勝った後の500万戦ではフェノーメノの2着、共同通信杯ではゴールドシップ、ディープブリランテの3着と、その頃からGⅠ級と揉まれていたんだよ。ただ、共同通信杯でディープブリランテにハナ差負けの3着となり、賞金を積めなかったのが痛かった。その後も条件戦に出たら苦手の重馬場で負けたりして賞金加算に失敗し、押せ押せのローテになって、ダービーの頃はボロボロだった」(雑誌記者)

 

 GⅠ級と好勝負できる力がありながら、不運続きもあってダービーの頃は出るのが精一杯の状況。これが祟ったか、その後は脚部不安や体調不安で長期休養もあり、ようやく順調に使えるのは最近になってからだ。

 

「でも馬がしっかりしてくれば、そこは元より能力の高い馬。3連勝も当然だし、毎日王冠も不利が無ければ勝っていた内容。天皇賞も前走の反動さえなければ、これくらいの結果は不思議なかった。陣営がダービー後に無理せず、じっくり馬の体調や成長に合わせて使ってきたのが良かった。年齢的には本当は伸び悩む頃だが、この馬は今が成長期。まだまだ伸びる」(雑誌記者)

 

 また3歳馬イスラボニータも人気には応えられなかったが、見せ場をつくっての3着と力は示した。

 

「背中の柔らかい馬に、あたりの柔らかいルメール騎手で、終いのギアチェンジがもうひとつ掛からなかったのかな。やはり勝負どころでガツンと気合を注入する蛯名騎手があっているんだろう。それに3歳戦のときは目立たなかったが、古馬のトップクラスとやるには、2000mも少し長い気がする。この後のJCや有馬記念は簡単ではないような気がするのだが」(関東記者)

 

 敗れた古馬3強だが、いずれも評価を下げる必要はなさそうだ。

 

「どれも次のJCが勝負ですからね。ジェンティルドンナは枠に恵まれたとはいえ、底力を見せた。JC3連覇へ向けて順調な滑り出しでしょう。エピファネイアは調教を強めた影響か、発汗やイレ混みも強く、レースもかかり気味。叩いてガス抜き効果はあるのでは。フェノーメノはこの2頭に比べると大敗の結果で心配する人も多いかもしれませんが、休養明けは走らない馬。春も日経賞5着後に、天皇賞に勝っています。毛ヅヤや筋肉の付き方は良かったので、調子が悪いわけではなく、次は勝負でしょう」(雑誌カメラマン)

 

 こうした意見は他からも多く聞かれたので、これにハープスターやジャスタウェイは加わるジャパンCは、かなりの激戦が予想される。今年を代表する一戦となろう。

 

 天皇賞前日にはマイルCSの前哨戦になるスワンSが行われ、NHKマイルCの覇者ミッキーアイルが逃げ切った。

 

「昨年の秋も高速馬場で2歳の日本レコードを出したように、今の馬場は合う。ただ最後詰め寄られたように、マイルになる次は危ない。

 

 それよりも次はフィエロだろう。プラス14キロで分かるように、明らかに本番狙い。ここ一番の仕上げが滅法うまい藤原英厩舎だから、同じように京都大賞典で負けたトーセンラーと、このフィエロが、マイルCSでは一番怖いのでは」(関西専門紙記者)

 

 あまり本番に結びつかないスワンS。今年も負けた組が本番で狙い目となりそうだ。

 

チャンスは今週限り!日曜厳選の一鞍を4週間連続で無料配信!

【競馬JAPAN】