矯正具なしで復権誓うビッグウィーク

2012年06月24日 11時00分

 4冠馬オルフェーヴルが復権をかける宝塚記念当日(24日)、福島の福島テレビオープンでは一昨年の菊花賞馬ビッグウィークが蘇生を誓う。

 同馬は一昨年、夏の阪神の未勝利勝ちから3連勝。神戸新聞杯(3着)を経由して秋の菊花賞で大輪を咲かせた。その菊花賞で負かした2着ローズキングダム(10年ジャパンC)、3着ビートブラック(12年天皇賞・春)、7着ヒルノダムール(11年天皇賞・春)がその後GⅠを勝っているのに、なぜか勝者だけ以後未勝利だ。

 同馬はもともと頭の位置の高い走法で、未勝利時代からずっとそれを矯正する「ネック・ストレッチ・バンド」をつけていた。「菊花賞を勝てたのもその馬具のおかげ」と中川助手は言うが、「以後はいろいろ逆効果も出てマイナス面も目立ってきた」と振り返る。

 そのため前走の小倉大賞典で矯正具を外したところ12着とはいえ0秒6差の接戦。

「最近では一番見どころがあった。今回も矯正具をつけずに走らせる」。日曜は東西でGⅠ馬復活が見られるかもしれない。