新馬カラダエーピーが面白い存在

2012年06月21日 10時00分

【トレセン発秘話】

「新馬だけは分からない」

 自らが調教メニューを考えて適性が高いと思われるレースに投票している以上、出走馬の話をマスコミから振られた際に調教師は「分からない」という言葉を発してはいけない。実際に普段は聞こえてこない。

 ただし新馬戦に限っては、あまりにも不確定要素が多い。騎手も含めて多くの関係者は新馬戦の見通しを聞かれると、冒頭のように決まって言葉を濁すか「好走を期待」といった楽観論を展開せざるを得ない。

 先週、福島日曜の新馬戦(芝1200メートル)を勝ったウエスタンソーレ(牡・尾形)はスタートが遅いため、陣営は泣きのコメントを発していたが、直前のゲート練習が功を奏したのか、レースではカッチー(田中勝)も驚くほどのロケットスタートを決めて逃げ切ってしまった。

 逆に土曜の新馬戦(芝1000メートル)で3番人気に推されたベシュテルング(牝・栗田徹)は「前向きな気性なのに、周りに気を使い過ぎた」(同師)。スタートが悪く、二の脚もつかず…。期待馬の思わぬ大敗(10着)に「新馬は難しい」と嘆くしかない師だった。

 それでも競馬がある限り戦わなければならない馬券野郎――。今週の福島新馬戦は土曜のダート1000メートルに出走するカラダエーピー(牝・伊藤正)が面白い。師は「新馬は分からない」と前置きした上で「水準以上の動きを見せているし、ゲートも速い。能力通りなら」と力こぶ。母ジャックヒマワリは新馬戦を2番手から押し切った馬。その血を引く同馬も母同様のパフォーマンスを見せてくれるはずだ。

 (美浦の馬券野郎・虎石晃)