調教再審査で歯車狂ったオルフェ

2012年06月19日 12時00分

【連載:オルフェーヴル再起動への道(1)】

 昨年はスプリングSから有馬記念まで破竹の6連勝。無限と思える成長を見せて最強馬の座に駆け上がったオルフェーヴルの今年は…2戦連続でまさかの〝システムダウン〟。今回の宝塚記念(24日)は権威回復、さらに秋の大目標・仏GⅠ凱旋門賞に向けて勝利必須、待ったなしの戦いとなる。再起動なるか? 4冠馬の1週間を追う。

 有馬記念後も順調なステップを踏んでいたオルフェーヴルの歯車が狂った原因は何か? それは阪神大賞典(2着)後に課せられた調教再審査にある。

 もちろん自身の外斜行によって義務付けられた調教再審査を非難することはできない。だが、デビューから一貫して坂路専門で調整を行ってきたオルフェーヴルにとって、ダートのEコースでの調教は精神、肉体両面に相当なダメージを与えることになった。肩の出が悪くなり、トモに疲れがたまる。それでも追い切りをすれば高速時計が出る――。超一流馬だからこそ「難しい体調ジャッジになった」と池江調教師は当時を振り返る。

「再審査に合格し、坂路で調整できるようになってからは上向いてきていたし、追い切りの時計も出た。これなら大丈夫と思って天皇賞に出走させたわけだけど、当日のパドック、返し馬の段階で厳しいかな…と感じていた」

 差し脚質の馬すべてに難しい特殊な展開になった側面もあったが「それにしてもだよ。本来は持ったままで上がってくるべき勝負どころで(池添)謙一が押しても押しても進んで行かなかった。だから(11着の)敗因は展開じゃない。走れる状態ではなかった、ということだよ」。
 実際、天皇賞後にオルフェーヴルを襲ったダメージは13戦のキャリアで最大級だった。

「それまでレース後に息が乱れたのは道悪で厳しい競馬になったダービーだけ。2着以下の馬が苦しがっていた有馬記念でも、この馬だけは涼しい顔をしていた」(同師)

 そんなオルフェーヴルが、天皇賞直後は苦悶の表情を浮かべていた。

「あんなに馬体がしぼんでしまったのは初めて。心身ともに相当な疲労を残してしまった」

 レース4日後の5月3日、オルフェーヴルはノーザンファームしがらきへ放牧に出された。この時点では凱旋門賞はおろか、宝塚記念への出走さえも相当に厳しい状況だった。